明礬温泉 岡本屋日記

別府明礬温泉で明治8年から湯宿を営む旅館スタッフが私的な目線で綴ります

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

杵築(きつき)ハウスみかん

暑い時期はやっぱり果物が美味しいですね。

今日は、業者さんからいただいた「きつきハウスみかん」をおやつに頂きました。
ミカンと言えば、その昔小学生だったころは運動会でのまだ青いみかんの美味しさが
忘れられません。
あの酸っぱい香りがなんともいえず好きな子供でした。

今は、ハウスみかんが春から出回って、いつでも食べられるようになりましたが、
あのツンとくる香りは甘さがメインのハウスみかんではなかなか感じられません。

・・が、今日いただいたこの、ハウスみかんは皮をむいた瞬間
 「!!!」
あの酸っぱいミカンのいい香りが~~!
香りが記憶を呼び覚ますってよく言いますが、一瞬にして脳内運動会^^;



 


 夏休みで暇してる子が、箱ごとを持って配ってくれました^^

ハウスミカン

大分県には、豊後水道に面した地域にミカンの産地がたくさんあって、
ハウスものでは、今日いただいた国東半島の杵築市のものはとても甘くて高級品とされてるんですよ。

ご馳走さまでした!







スポンサーサイト

| 未分類 | 13:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

家庭画報9月号に掲載されました。

あのマダムのためのステキな雑誌「家庭画報」に、我が旅館のことが取り上げられました!

全国の観光地や温泉の専門家である、井門観光研究所の井門隆夫(いかどたかお)先生からご推薦頂いて
源泉かけ流しの温泉が素晴らしい宿、ということで紹介してくださってます。

そして今更ながら気づいたのですが、この井門先生、今年の4月「笑っていいとも!」で地獄蒸しプリンをご紹介くださった方だったのです。
いろんなところで、推薦してくださって感謝感謝です。
しかも、本人(私達)が気づかないところで・・・・。
ありがとうございます。

こうやって、1冊の雑誌にまとめられているのを見ると九州って本当にいいところだなぁと実感します。
とくに別府に住んでいると、温泉は当たりまえ。海や山がすぐ側にあるのも当たり前で食べ物は新鮮そのもの。

だからこうやってたっくさんのお客様が来て下さるんですよね。
他の土地に住んだことがないから、ありがたさを忘れがちですが、もっと九州や別府の良さを積極的にお知らせしていかなければ!

他には、お隣の日出町(日出町)の城下カレイなども取り上げられていました。
城下カレイは、春から初夏にかけてのプランでも毎年好評いただいてるグルメ素材ですから、気が早いですがその頃になったらぜひチェックしてみてください♪





P8314933.jpg

P8314938.jpg

| 未分類 | 15:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ローソンの別府冷麺

ここ数年盛り上がりを見せている、別府B級グルメの代表格といえば、
「別府冷麺」と「鳥天(とりてん)」ですが、去年からはコンビニのメニューとして登場するほど
メジャーになってきています。

九州のローソンで販売中の『別府冷麺団監修 別府冷麺』
お休みの日に食べてみました。

感想は、

スープやチャーシュー、キャベツキムチなどはいつも食べてる冷麺と比べても違和感なくて美味しい。
・・けど、「この麺、コンニャクじゃ・・・?」でした。
実際、コンニャク過ぎてビックリでしたが、ノビることを考えるとやっぱりこれしかないのかな?


別府冷麺(風?)

別府冷麺(風?)
  


全体的には、別府冷麺団監修だけあって、満足できるものでした。

1食というよりは、おやつでもオッケーなボリューム(337kcal)ですので、
九州にいらっしゃったらぜひ召し上がってみてください。

そして、本物の別府冷麺が食べたくなったら、ぜひ別府へお越しください!







| 未分類 | 15:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自家製梅の実レシピ(シロップと梅味噌)

旅館では毎年この時期には、お庭の梅の実を収穫して梅酒や梅シロップをつくります。




梅酒はもちろん美味しいのですが、おすすめは梅シロップと梅味噌です。
真夏の暑い日に、梅シロップを炭酸水で割って飲めば疲労回復にバッチリ☆
梅味噌は、一言でいうと梅風味の酢味噌ですね。
ドレッシングとしてお野菜にかけたり、お料理に使ってもすごく美味しいんです。
簡単なので、皆さまもぜひお試しくださいね。


『梅シロップ』

材料
梅の実  1キログラム
氷砂糖  1キロクラム(教えてもらったのは1.5キロですが控え目にしてます)
酢(普通の米酢) 少々(100CCくらい?適当に)

1.梅の実をキレイに洗い、完全に水気を拭き取ります

2.竹串などで、ヘタをとります。

3.包丁でぐるっと十字に切れ目を入れます(エキスが出やすくなります)

4.保存ビンに梅と氷砂糖を交互に入れます。

5.酢を入れます。

*酢を入れると傷みにくくなります。
*氷砂糖の代わりに蜂蜜を使うともっと体によさそうですよね。
*梅の実の水気を完全にとるのと、ヘタをキレイに取り除いておくのがポイントです。
3か月くらい経つとできあがり。


『梅味噌』

材料
梅の実  1キログラム
味噌   1キログラム
砂糖   600グラム

1.梅の実をシロップ漬けと同じように洗って処理しておきます。

2.梅、砂糖、味噌を順番に何層かになるように保存ビンに詰めていきます。

3.何日かたって汁気が出てきたら、かき混ぜておく。(発酵がすすむそうです)

3か月くらいで、梅の実を取り出してできあがり!
*できあがったら、一度沸騰させておくと長期保存ができるそうです。

| 未分類 | 11:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

忙しい旅館のお正月を見守ってくれた鏡餅。
年神さまにお供えされたお餅は、松の内の明けた昨日には下げられ、
あと数日でおいしいぜんざいとなります。
 *松の内は7日までだったり15日までだったりと地域によっても違うそうですね。


御鏡餅

それにしてもかわいい姿。



| 未分類 | 15:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。