明礬温泉 岡本屋日記

別府明礬温泉で明治8年から湯宿を営む旅館スタッフが私的な目線で綴ります

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

地獄で蒸す

ある日のお昼ごはんのメニューのひとつ。
でも、ただの蒸しキャベツじゃありませんよ!

地獄釜で蒸した、れっきとした地獄蒸しです。
なぜか地獄で蒸すと、なんでも甘くておいしくなるんです。
長時間蒸しても、クタクタにならずに歯ごたえもバッチリ!
これが出ると”やったー!”って思ってしまいます。

キャベツの地獄蒸し


地獄とは、温泉の噴気を利用して料理することができるようにしているもので、
これがあれば、料理だけじゃなく温めものも簡単しかも美味しくできます。
形はそれぞれですが、うちの旅館のようにたくさんの料理をするところはこんなに沢山の釜が!


この四角い穴にお鍋やザルごと入れます

これ、自宅に欲しいなぁとついつい思いますが、実は維持管理が大変なんです。
特に明礬温泉は酸性が強くて硫黄分も豊富なので、パイプの腐食や硫黄の浸食で
頻繁にメンテナンスが必要なので結構お金もかかります。
それを考えるとやっぱり自宅は電子レンジでいいや^^;



スポンサーサイト

| 明礬の日常 | 13:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

http://okamotoya.blog.fc2.com/tb.php/6-3163b927

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。